So-net無料ブログ作成

語る室 [舞台]

151009_2059.jpg

好みの話でした。
寂しいけど、温かい幕引きで。
うさんくさい人が実はスゲーいい人、って得した気分になるー。

思えば二階堂(弟)と古橋(兄)は事件とは無関係に基本変わり者っぽくて、
理解されない辛さというものを知っているからこそ、ぐちゃぐちゃになった姉と
辛抱強く向き合えたんかもなぁ。
さっきまで放送してた「私が愛する日本人へ ~ドナルド・キーン文豪との70年~ 」
でキーンさんが挙げてた日本人の美徳に通じるような。
あいまいなまま受け容れられる忍耐力が、日本人の世界で突出した才能。

むしろ現象に翻弄されまくりの現代っ子ガルシアの行く末が心配!
何が起こったか説明してるとき、あるはずのない現象がまさかそこにあったりして?と
視線の先を追ってしまった。もちろん客席しかなかった。恥ずかしー。[たらーっ(汗)]
...ガルシアといえばマルケスかアンディ。
フィリピンと言うよりシチリアなイメージ。

それにしても蛍ちゃんはやっぱし良かった。
佇んでるだけで雰囲気が物語ってる(物理的に語りっぱなしでしたけど、
それ以外の余白がすごい豊かなんかも。贅沢な客演でしたねー)。

昔初めて舞台拝見した時のお役は全然今回とは違うものでしたが、
”雰囲気”がもう抜群に良くて、一緒に行った友達の絶賛を今でも覚えてる。
「あの『ハン!』て感じがもーめっちゃ良かったなあ!」
まさしく、そんな感じやった。
もちろん、今回の姉は『ハン!』なんて言う場面なかったんですけど、
声の艶が昔より良くなってて、もっと舞台で観たい役者さんになったはったんが
うれしい夜でした。

追記:そういえば”幽霊”について、実はこういうことなんちゃうのん?て仮説が
自分なりにあって、それを頼りにしているのですが、いつかそれが証明される日が
来るんかもなあと楽しみにしているのです。もしかしたらもう証明済みやったりして。
脳科学の澤口先生辺りが解明してくれそうなんやけど、”あいまい”にしとこっと[黒ハート]
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0