So-net無料ブログ作成

サプライズに命を懸ける男 [市川猿之助]


In Red(インレッド) 2015年 07 月号 [雑誌]

ふろくのポーチはInBlue[黒ハート]InBlue.jpg
そういえば私、昔見た「雲のように風のように」というアニメの皇太子の声、スナフキンの声の人?って思ってたんです。最近笑也さんやと知って、むっちゃ驚いた。二重の驚きよ。

ほんで「ようこそ、我が家へ」最終回、元亀ちゃんが”名なしさん”!![がく~(落胆した顔)]
クソ忙しいのにストーカーって何してんのーん!(笑)
サプライズに命を懸ける男、市川猿之助。

相葉くんハマり役やったよね。沢尻エリカも良かった。
もっと朝ドラのヒロインのような時代物で見てみたいエリカ。

倉田が「殴られるくらいどうってことない」って気迫と話し合いで
ひとまず解決したとこ、清々しくて良かったです。
まあ、お陰でストーカーが速攻戻ってきてしもたオチですが…[ふらふら]
こっぴどい目に遇わせて、怖がらせた方が親切なんかもなあ。
怒られな解らない・怒られな出来ない人って居るもんな。
手を掛けられた段階で「先に手を出して頂けて良かったです[パンチ]」て不気味に笑うべきなん?(ヤメゴク)
逆恨みって実は相手をナメて見下してるから出来るんやろな。
「あんなヤツに恥をかかされた」って、もし倉田が強面の大男やったら、
「下手に関わったらヤバイ人かも」でスルーやろ。

言ったもん勝ちやったもん勝ち、ズルしてでも目先の利益を奪い取らなきゃ
生き残れないよ現代はという価値観は確かに横行してるのかも。
でもさ、昔っから物語でそんなことを言う人って…犯罪に巻き込もうとしてる人や
嫌われてる人や、最後に破滅するのが決まってる人(笑)フィクションでも実話でも。

なんで彼らが破滅して普通の人が健やかに生きる力を失わないのか。
愚直に真面目に普通に生きてる人の一番の強みは、日常的にズルをしてないから、
一貫して人間を軽蔑せずに生きてることなんではないかと思う。
だから何か不幸が降りかかった時に、家族も心配して味方してくれるし、
信頼できる友人知人も労わったり味方についてくれるから重荷も軽くなる。
けど、うしろめたい生き方の人は不幸が降りかかった時に味方も少なくて、
何より自業自得と自分自身から絶えず責められ続けてしまうのではなかろうか。
自覚がなくても、潜在意識で自分に足をすくわれてんねやとしたらコワイ。
普通最強。

ああもう「心ポキ」で石を掘って来たシンとか、「ヤメゴク」のナオちゃん登場とか、
「恋愛時代」の驚きの真実とか、家庭を診療所にする気か倫太郎!それ心中?とか、
いろいろあれこれ書きたかったのに、元亀ちゃんに吹っ飛ばされました。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。