So-net無料ブログ作成

カーネーション世代


アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)

選挙の帰りに出会ってしもた。
これは何かの縁でしょう、とよく見もせずにお買い上げ。
帰宅してビックリ。解説とオビが梨木香歩!!
え~なんで気ぃつかへんねん私ぃ…(苦)
いや…もっとびっくりしたのんが…


松雪泰子?!.jpg
若かりし頃の村岡花子女史が色っぽい美人さんやったこと。
えーえーえー[がく~(落胆した顔)]伝記の写真はもっともっと肉感的。

読み始めたばっかしですが、数ページでいきなり衝撃的な数々が…
むむむ村岡さんて村岡さんて…えー?!
なんか村岡花子さんの中身…小原糸子っぽい~!
ワクワクしてきたー。
解説を先に読んでしもて判ったけど、今日、これを買うたゆうんがこれまた…すごい。

http://webdacapo.magazineworld.jp/culture/99/
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

むーぽ

ほんとほんと。糸子みたいですよね~。
前に赤毛のアンの話したときに教えてもらって
この本買いましたですよ~
時代が大きく変化するときだったんだなぁ~と思いながら
でも、いつの時代も変転していくんだよなぁ~今も!とか
思ったり・・・・。
携帯などない時代の恋文・・・・なんか いいですよね~♪
by むーぽ (2012-12-19 00:39) 

カリコ

おお、早業ですね?むーぽさん
情熱があるから、あんな言葉が紡ぎ出されるんですね。
女性参政権の活動したはったなんて、びっくりです。
こないに苦労して先達が獲得してくれはったのに、
今回歴代最低の投票率とはねぇ…
この変転はどこへ続くもんなんでしょうか。

携帯はタイムロスが少ないゆうだけで、21世紀になっても
やっぱり恋文は綴られてるやんか、とも思いますが(笑)
タイムロスある分、昔の恋文はすごく時間掛けて手を掛けて、
大事に綴られた珠玉の名作ですよね!
by カリコ (2012-12-19 18:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0