So-net無料ブログ作成

黒塚 [舞台]

猿之助襲名披露公演をテレビで観られるなんて、ありがたや。http://www.nhk.or.jp/koten/featured/

何を言ってるんかちんぷんかんぷん状態かもと案じとりましたが、
人間、自然と携帯のように推測候補が年々蓄積されてんですね。
思ったより意味を拾えた自分にびっくりした。

祝幕が上がり、ずらっと並んでお辞儀した演者の中で、
まず裃が一番決まってるのは右から2番目の人と思った。
亀ちゃん?ちゃう!顔を上げたら團十郎![あせあせ(飛び散る汗)]
さすが宗家。でもすごく気のいいおじ様的なユーモアいっぱいの口上。
まさか、口上見て口が開いてしまうとは思わんかった。
亀ちゃん、ライオンキング30回近く観てるて?海老蔵に「芸術は爆発だ!」をさっ…三冊も贈ったって![わーい(嬉しい顔)]
海老蔵は確かに読んだ方がええ。
あれをちゃんと読んだんなら、芸への執念がもっと所作に滲み出てはると思う。

「黒塚」のおかげで、歌舞伎役者さんはどなたも体幹が優れてらっしゃるんが分かった。
とはいえ、やはり亀ちゃんは抜きん出てた。
まるで動く歩道に乗ってるかムーンウォークみたいに、滑るように移動しはる。
あの動き、幽霊とかを映像化する時にそう表現されてるもんが多い。
まさしく人ならぬ者の動き。そら、足かて攣るわー。サーカス並みの負荷が掛かってるやろ。

とっくに人の心を捨てたはずの鬼女が、ただ聖が親身に話を聞いてくれたというだけで、
嬉しくなってかいがいしく夜中に薪を拾いに出る様はいじらしかった。
その穏やかな心持ちのままで、救われる道があるものなら聖に示して欲しかった。
鬼となっても神仏に救いを求める気持ち、感謝や喜びを捨て切れぬ身で、
人を喰らうのは苦しかったろうに。
自分が原因でも他人が原因でも、受ける苦しみに違いはない。
人喰い暮らしが楽しかったら、毎夜晴れ晴れ月と遊べてたはずやもん。

ゆうても芝居の見せ場はやっぱり、凶暴化した鬼女の調伏なんやけどね…。

「楼門五三桐」はニュースで見たはずやのに、すっかり忘れて黒子さん大変やなぁと鑑賞。
ずっと三代目は巨漢やと思い込んでいたし、ふらつく事なく猿翁を支えてらしたので、
種明かしで「そやったん?!」と驚けて美味しかった。

それにしても、あらためて亀ちゃんはすごいなと思いました。
観られる者(女形)としての冷静な客観と、自己実現を目指し続けるための内観の両方を極めようとしたはる。
全身全霊を賭けて。
…人ならぬ者になろうとしてはんのと同じ[あせあせ(飛び散る汗)]
普通の人は客観と主観だけで手一杯!主観だけの人かて大勢いてはるのに。

ああ、亀ちゃんと佐々木の兄さんが惹かれ合うはずや。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 3

むーぽ

すごかったんですね~~!!!カリコさん!!!亀ちゃん相当に!!!
なのに・・・録画…忘れましたぁ~~~(@_@;)
海老蔵さんのことまでご存じなんですねっ?カリコさんたら
凄いお方だわ・・・・(@_@;)
わたしもお友達が録画してくださったそうなので
後日、心して拝見いたします!!!

by むーぽ (2012-09-10 21:17) 

おーちゃん

その時間帯、、、果澄とバトルになってて見損ねた~!(涙)

録画してる?してたら、焼ける?もし、焼けたらお願いしてよい?


しかし、「芸術は爆発だ」が亀さんの愛読書?すごい~☆
うんうん海老蔵はん、何度でも読みなはれ!やな?(笑)



by おーちゃん (2012-09-10 21:27) 

カリコ

むーぽさん>

黒塚は能を歌舞伎にアレンジしたものらしく、
スーパー歌舞伎みたいな(←ニュースでしか知らんけど)
派手な仕掛けも動きもないんですけどね。
でも、ハイ、すごかったです!
海老蔵は知りません!(笑)今回初めて見て、
無難に真面目に勤めさえすれば及第点が取れる天性の才能が
あるからこそ、この人には芸への渇望がない、と感じました。

おーちゃん>

ああ~昼間の活動時間真っ只中やったもんな?>果澄
ごめんよー最近、見たいもんほど録画せんと見てまうねん(汗)
「録画してあるし、いつでも見直せる」思ったら、見ても
集中して見てへんねん!(苦)
しかもうち、J:comがコピーロック掛けとるから焼いてあげたくても、、、
焼かせてくれへんねん(涙)ごめんな~(汗)

亀ちゃんが太郎さん好きって、なんかすごい嬉しいよなっ?☆
インタビューとかで言葉の端々にもしや?と思わせるセンスが滲んでて、
そうかも~と思っててん。
「なんだこれは?!ってものを見せたい」とか(笑)

by カリコ (2012-09-11 00:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0