So-net無料ブログ作成

ほんっまに、楽しかったねや by鯖子

↑しかし鯖子って…なんちゅうネーミングや(汗)しかも2007年も存命中って

小ネタを見落とさなかったわよ、わたしゃ。

 

予想に反して「そうなるしかないよな」というエンディングやったけど、

やっぱ辛かったー。

 

太郎作・プロポーズの脚本は、脚本というより妄想日記(笑)で、

主観たっぷりなところに笑い泣き。

普段は小娘の鈴の小言など聞くはずもない「いごっそう(頑固者)」が、

脚本では殊勝に謝ってばかり。なぜなら、

『今日は鈴の言うことをきかんと駄目だからです』

これから告白して、色よい返事をもらわねば。

 

夫帯者のみなさま、こういうのんを可愛いと思うたから、

うっかり結婚したがやろ?(爆)

 

ほんっまに面白かったちやっ。

これで毎週復習して忘れんかった高知弁も、抜けてってしまうんやろなあ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

いーちゃん

とうとう終わったねぇ。
楽しみが一つ減った~。
役者さんたちが話していたのは、正確に言うと土佐清水の言葉ではなかったけれど、いわかんなく「土佐弁」として聞けた。長瀬くんの「いごっそう」ぶりもさきちゃんの「はちきん」ぶりも、とってもよかった。
「ぐっときた」シーンがいっぱいあった。
1話からとってなかったのが悔やまれるわ~。

旭とルリ子があまりにも軽いタッチやったから、最後はあれ?って感じやったよね~。
by いーちゃん (2007-12-22 00:38) 

カリコ

私も拍子抜けやったけど、運命ってそんなもんかも?
当然のような顔をして掴んでこそ強運よ(笑)>旭とルリ子
by カリコ (2007-12-29 20:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0