So-net無料ブログ作成

マライヤ

なんとか無事東京出張から生還。
貴重な時間を私のために割いてくれたはぐ!感謝♪
出世払を期待せずに待っててくれ!?

初めてにして週2回差し込まれた日帰り東京出張明け、
ついに英語のレッスンが始まりました。
先生はネイティブ・アメリカンのマライヤちゃん。
「ちゃん」付けは失礼かもしれんが、とっても美人で明るい22歳なのだ。
顔ちっさ!足長っ!この若さで外国暮らしって、すごい。
結局私を含め女性スタッフ3人がレッスンを受ける事になったから、
単語の蓄積量や文法の弱い私には願ったりでした。
3人のうち誰かが解れば、助け合えるし。

けど、そういった思いは生徒だけのものではないのですね。
初めてのちゃんとしたレッスンを終えて、明るいマライヤちゃんも私達と同じように
「上手く伝わらなかったらどうしよう」って不安でいっぱいだった事が良くわかった。
日本人は「正確な英語を話さないといけない、自信がないなら黙っていよう」
というところがありますな?
黙られてしまうと「何が解らないのか」解らないから、何を教えればいいか
解らなくなる。ましてや彫が浅くて表情の乏しい日本人、読めない。
他二人は私よりずっと英語力があって、きちんとした文法を使って話せるけど、
恥ずかしかったり、自信がないと黙ってしまうタイプだったので、逆に日本語が
解らないマライヤちゃんはとても不安だったらしい。
私?少ないボキャブラリーでもノリ一発、思い付いた事バンバン言うので、
ツッコミ所満載ですわ(苦)おばちゃんやもん~声もでかいよ?大袈裟よ?
ま、何が解ってるか何を勘違いしてるか、口に出せば解りやすいよな。
こっそり「あなたはすぐ上達する!話せてるもの。他の二人は内気だから、
どうしようかと思ったけれど、あなたが居てくれて良かった」
と言われました(私の意訳やで)。
レッスン中たまに私が考え込んで黙ると、すごく不安そうな顔になったのはそういう事
だったんだな。
繊細で誠実で教育センスも素晴らしい、良い先生に恵まれたようです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

はぐ

んまかったね。またいこねん。
by はぐ (2006-07-17 22:38) 

カリコ

ほんまありがとう♪あのシチューの味!忘れられん(笑)
by カリコ (2006-07-21 23:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0